石川県金沢市の骨董品・古美術・中国美術買取は株式会社坂井美術へ

無料出張鑑定

076-272-8127

営業時間 9:00〜17:00(年中無休)
MENU

煎茶道具 金工師 山川孝次 純銀 菊花形 茶托 在銘 430g

作者:山川孝次 / 地域:石川県 金沢市


煎茶道具 金工師 山川孝次 純銀 菊花形 茶托 在銘 430g

初代 山川孝次
1828年(文政11)~1882年(明治15)

文政11年(1828)金沢生まれ。
天保年間に江戸の柳川春茂に弟子入りし文政年中に金沢に帰って彫金に従事した。
師の一字を受けてはじめ茂孝とも言い江戸町彫の名工横谷宗珉の彫法を金沢にもたらした。
文久2年(1862)13代藩主前田斉泰の代に白銀師として登用され、
藩主御用の刀装具を命じられ、「加賀宗珉」と呼ばれるほどの名工として知られた。
明治6年 (1873)明治政府から、ウィーン万国博覧会に出品する作品を、作るよう命じられる。
金工家集団が結成され、
山川孝次は山尾次六、水野源六、平岡忠蔵、鈴木嘉平とともにその棟取を努めた。
棟取として活躍し、宮内省ご用達、内外博覧会作品の制作も監督した。
明治10年(1877)銅器会社(社長 長谷川準也、後に金沢銅器会社と改名)が創立された。
金沢の金工を世界に知らしめる。
第一回内国勧業博覧会で「金沢銅器工」として鳳紋賞牌を受賞した。

二代 山川孝次
1860(万延元)~1930年(昭和5)
万延元年(1860)初代に師事し技術を習得する。
銅器会社の職人として制作していた。
明治25年(1892)この頃、銅器会社が解散。
工房を構え、多くの弟子を育成した。
昭和5年 (1930)没。

三代 山川孝次
1884年(明治17)~1938年 (昭和13年)
1884年(明治17)東京美術学校を経て家業を継いだ。
1938年(昭和13)没。その後、山川家は絶えた。


戻る
076-272-8127営業時間 9:00〜17:00(年中無休)

LINE で鑑定いたします!

QRコードから友だちに追加すれば写真を送っていただくだけで
鑑定が可能です!お名前・商品名・商品写真をお送りください。