石川県金沢市の骨董品・古美術・中国美術買取は株式会社坂井美術へ

無料出張鑑定

076-272-8127

営業時間 9:00〜17:00(年中無休)
MENU

佐渡銅器 三代 本間琢斎 斑紫銅 古銭紋 円式 茶托 六代識箱

作者:本間琢斎 / 地域:新潟県 三条市


佐渡銅器 三代 本間琢斎 斑紫銅 古銭紋 円式 茶托 六代識箱

初代 本間琢斎(1812年~1891年)
越後の刈羽郡大久保村(現柏崎市)生まれ。文平と称した。
父は、釜や鍋などの銅器鋳物師、原得斎でその長男として生まれた。
幼にして家業を嗣ぎ、江戸で小幡道斎から蝋型の手法を習う。
1824年 16歳の時、鑞型鋳金の技術で初めて蝋型鋳銅器の文房具・茶器を作成した。
その後 家督を弟・三男良助にゆずって佐渡に渡り、五十里篭町(現佐渡市沢根篭町)の本間家を嗣いだ。
1847年 佐渡奉行・中川飛騨守琢斎から招致され大砲鋳造を行う。大砲数十門鋳造し、奉行から称賛・賞典を受けた。
文久年間 洋学者佐久間象山を信州松代に訪ね教えを請うて、柏崎で新式砲数門を製造した。
1854年 明治維新後、日米・日英・日露和親条約の締結により大砲造りは必要なくなった。沢根篭町の本間六兵衛家へ入婿し、鋳造業を開始。梵鐘・灯篭・花瓶・文房具等制作をはじめた。専ら美術工芸としての鑞型鋳銅器(花瓶・文房具・仏具・香炉等)の製作に力を入れた。彼の独創になる斑紫銅(酸化膜を出す方法)の製品は凛とした美しさと精巧な技術を高く評価され、内外の博覧会で数多くの賞を受けた。こうして佐渡の鑞型鋳金は、彼の活躍によりその基が築かれ、明治から大正にかけ最も栄えた。

二代 本間琢斎(1846~1904)
初代が開発した蝋型斑紫銅の技術は、二代に受け継がれた。

三代 本間琢斎(1868~1904)
明治元年に新潟県 佐渡に生まれる。二代本間琢斎に師事する。繊細な線の出る蝋型鋳金の技法を用い紫がかった斑紫銅を使いなんとも言えない風合いを醸し出し、その作品は各種展覧会や博覧会に出品、数多くの賞を受賞している。

四代 本間琢斎(1893~1967)

五代 本間琢斎(1922~2001)
初代琢斎以来の斑紫銅鋳造技術を忠実に守り伝え、制作に励んだ。

六代 本間琢斎
五代本間琢斎の長男・琢治が6代本間琢斎斎として鑞型鋳金の技術を継承している。


戻る
076-272-8127営業時間 9:00〜17:00(年中無休)

LINE で鑑定いたします!

QRコードから友だちに追加すれば写真を送っていただくだけで
鑑定が可能です!お名前・商品名・商品写真をお送りください。